2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013年04月23日(火)

おせったい♪

昨日ブログUPした、パンケーキデートの日は4月21日(日)
この日はバニラ地方でもいろんなイベントが開催されていたんだよ~
アースデイ中津・国東チャリティードッグフェスタ・吉富わっしょい春祭りなどなど・・・

結局どのイベントにも行ってないけどね

でも4月21日と言えば・・・

ママのちっちゃい頃は「おせったい」の日だったなあ

IMG_5060.jpg
↑コレ、懐かしくないですか~???

知っているヒトは知っているけど、知らないヒトは見たこともないだろうけど・・・

おせったいと言えば、この「めがね菓子」と「ふきながし」だよね
知ってますか~???

そもそもおせったいって国東半島を中心とした大分県だけのものなのかな?
「お接待」自体は四国のお遍路さんへの食品や物資の接待が本流で、
大分県北部のものはお遍路さんへの接待ではなく、弘法大師信仰そのもの
による参拝者へのお接待が風習となったものだそうですね

ママの実家は宇佐の田舎の集落なので、毎年おせったい行事が行われていた気がします。
小学校の頃は村中の旗のついた家々をめぐって
弘法大師像に手を合わせてお賽銭をあげ、持参した袋を広げると
そのお宅の方がこのめがね菓子やふきながしを小皿1杯分入れてくれてました
お宅によっては小袋入りのスナック菓子やジュースをくれるところも

子どものころは「おせったい」=「お菓子をもらえる日」だと思ってました

ただ、当時の子どもにとってはめがね菓子やふきながしって
そう好まれる味ではなかったですよね~
すぐにしけってきちゃうし・・・

でもオトナになった今ではこのめがね菓子が懐かしくてすごくおいしく感じます
というより、この清月堂さんのめがね菓子がめっちゃおいしいのです
清月堂さんのめがね菓子は普通に売られているめがね菓子の3倍くらい高いみたいですが
その分黒糖がたっぷりでかりっとした食感と甘さが最高です

ママは小さい頃から清月堂さんのお菓子が好きで
特に「くれ橋」という宇佐神宮の呉橋モチーフの羊羹入り落雁が大好きでした
変わってるよね~
落雁好きの子どもなんてママくらいだと思うよ~

・・・という訳で(?)昔からママの実家ではおせったいする側ではないにも関わらず
この時期になったら清月堂さんのめがね菓子を山のように購入しています

春に宇佐神宮近くに行く機会があったらぜひ、
清月堂さんのねがね菓子を食べてみてください
スポンサーサイト
11:23  |  日常  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。